石ー【021】海軍用地

【021】海軍省 海軍用地(1)

初稿 2013-02-28

 「ニイタカヤマノボレ1208」と言えば真珠湾攻撃の無線暗号といて有名ですがこの無線を発したのは海軍無線電信所「船橋送信所」でした。
それに対して「トラトラトラ」の「ワレ奇襲ニ成功セリ」や「ポツダム宣言」を受信したのが大和田通信隊所属「大和田無線通信所」でした。
今回見つけることが出来た境界石(海軍用地)はこの大和田通信所の敷地内に有った物です。

かなり判読し難いですが「海軍用地」とあります。
上部の印の意味は分かりませんが、海軍だから潜水艦の潜望鏡かなとも思ったりしたり(笑)。
実はこの印は、敷地がどの方向に有るのかを示すものだそうです。
張り出している方が敷地外になるらしいです。

周辺風景。
歩道設置工事が行われています。
この境界石が今後撤去されてしまう可能性もあり気懸りです。

海軍用地の境界石が沿岸地方に有るのは当たり前ですが、海のない埼玉県にも存在する事は貴重な歴史遺産と言っても過言ではないと思う。

撮影:2013.02.17 埼玉県新座市内

残念ながら撤去されてしまったようです。確認:2014.05.08
(2013.02.28)
(2014.05.08 撤去確認追記)
(2019.04.09 移設)
(2019.04.16 微調整)