『マンホールサミット in 所沢』蓋展示 市部 さ~に

2022年11月19日に埼玉県所沢市で開催された「マンホールサミット in 所沢」の会場に於いて展示されたマンホール蓋です。
展示されていた蓋の総数は100枚以上あるので、6回に分けて記事にします。
今回は埼玉県下の市部のうち、50音順で自治体名「さ」(さいたま市)から「に」(新座市)までです。

蓋展示 さいたま市。
路上にはカラー蓋がたくさん見られるのになぜ無彩色蓋を展示蓋に選んだのか理解できない。
しかも新品なため真っ黒で何が何だかわからない。

こちらが路上で見ることのできるカラー蓋だ(参考品として掲載)。
撮影済みのさいたま市の蓋についてはこちらをご覧ください。

蓋展示 坂戸鶴ヶ島下水道組合。
坂戸市と鶴ヶ島市は共同で下水道事業を行っているので、蓋も共同ということになる。
ちなみに救急消防事業も共同で行っている。

展示蓋 坂戸鶴ヶ島消防-1。
オリジナルの防火水槽の蓋と言うのは珍しい。

蓋展示 坂戸鶴ヶ島消防-2。
防火水槽の蓋の展示は坂戸鶴ヶ島消防だけだった。
撮影済みの坂戸鶴ヶ島下水道組合の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 幸手市。
確かに幸手市へ探索に行った時にはカラー蓋は見なかった。
今後に期待したい。
この蓋もゴミが詰まっていた方が見易いタイプだ。

路上で見かける幸手市のデザイン蓋(参考品として掲載)。
新品と経年劣化した蓋とでは雰囲気がまるで違う。
撮影済みの幸手市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 狭山市。
狭山市へ探索に行った時にはかなり傷んだ蓋しか見つからなかったので再度の探索に行ってみたい。
撮影済みの狭山市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 志木市。
近年登場したデザイン蓋だ。
撮影済みの志木市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 草加市。
百代橋を描いたデザイン蓋には多数のバリエーションがあるので是非現地に行って撮影して欲しい。
撮影済みの草加市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 秩父市。
う~ん、なぜこのような地味な蓋を選んだのかなぁ?
秩父市には立派な鋳物製のデザイン蓋があるのに。
同じ額縁蓋にするのなら秩父らしくポテくま君の方が良かったのでは?

秩父市のデザイン蓋とポテくま君の額縁蓋(参考品として掲載)。
撮影済みの秩父市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 所沢市-1。
開催地と言うこともあって大量に展示されていた。
ところんが登場する前はこのデザイン蓋が至る所に設置されていた。
しかもかなりのバリエーションが存在する。

展示蓋 所沢市-2。
ところんの蓋。
下水蓋に留まらず、上水蓋にも登場する人気者だ。

展示蓋 所沢市-3。
市制施行70周年を記念して製作されたガンダムの蓋。

展示蓋 所沢市-4。
同じくガンダムの蓋。

展示蓋 所沢市-5。
市内の滝の城址公園付近に設置されている額縁蓋。

展示蓋 所沢市-6。
西武ライオンズとのコラボ蓋。

展示蓋 所沢市-7。
脱炭素を訴える額縁蓋。
これら以外にも広告蓋が多数存在する。
撮影済みの所沢市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 戸田市-1。
この蓋についても市内にはカラー蓋を見ることが出来る。

戸田市のカラー蓋(参考品として掲載)。

展示蓋 戸田市-2。
折角のオリジナルキャラクターの蓋を持ってくるならカラー蓋にしてほしかった。
まだこの蓋は撮ってないのでいずれ探索に行かねば。
撮影済みの戸田市の蓋についてはこちらをご覧ください。

展示蓋 新座市-1。
展示蓋はシール蓋と額縁蓋の二種類が見ることが出来た。
こちらはシール蓋ですね。

展示蓋 新座市-2。
額縁蓋。
新座市には鋳物製のデザイン蓋が二種類あるし、単色ながらカラー蓋も有るので是非現地で撮影して欲しい。

新座市のカラー蓋と無彩色のデザイン蓋(参考品として掲載)。
撮影済みの新座市の蓋についてはこちらをご覧ください。

ホーム
都道府県詳細版目次
都道府県簡易版目次
埼玉県詳細版目次
埼玉県簡易版目次

#マンホール #マンホールサミット