東久留米市目次

東久留米市の蓋に見られる紋章

昭和45年10月1日に制定された市章

市章の由来:「東久留米」の「ひ」の字をメカニックにデザインし、円という静止の状態から外へ飛躍しようというイメージを表現し、新しく発展していく東久留米市を象徴しています。(東久留米市HPより)

東久留米市概略
1889(明治22)年04月01日 町村制施行により北多摩郡久留米村誕生。
1956(昭和31)年10月01日 町制施行により北多摩郡久留米町となる。
1977(昭和50)年09月       上水道の東京都水道局への一元化開始。
1970(平成03)年10月01日 市制施行し、東久留米市となる。

東久留米市の蓋の種類数 合計55種類

上水道蓋………(小計9種類)
上水蓋全般…………………(5種類)
消火栓………………………(4種類)

下水道蓋………(小計44種類)
デザイン蓋…………………(3種類)
デザイン蓋(るるめちゃん)(4種類)
東京市型……………………(20種類)
額縁蓋(スポーツ祭東京2013)(1種類)
多孔型………………………(5種類)
その他の下水蓋……………(11種類)

その他の蓋……(小計2種類)
防火水槽……………………(2種類)

ホーム
都道府県詳細版目次
都道府県簡易版目次
東京都詳細版目次
東京都簡易版目次

#マンホール